匂い以外にも起こる頭皮トラブルについて

匂い以外にも起こる頭皮トラブルについて

汗をかくと頭皮が蒸れて、皮脂の臭いを感じやすくなります。
皮脂の分泌量が多いと臭いもどんどんきつくなるので、出来ればシャワーを浴びるなど何らかのケアをしておきたいところですが、こうした頭皮の臭いが目立つ方は、他の頭皮トラブルも同時に表れることが多いといいます。果たしてどんな頭皮トラブルが現れるのでしょうか。

 

頭がかゆくなる

 

頭皮が蒸れて臭っていると頭皮が敏感になっていきます。

 

このとき風などを受けるとその刺激だけでどんどんかゆくなっていき、少しの刺激でかゆさが止まらなくなります。
このとき頭をかいてしまうと蒸れて柔らかくなった頭皮が簡単に傷ついてしまい、傷口から炎症を引き起こして頭皮湿疹などを引き起こすことがあります。

 

フケが大量に出る

 

頭皮が臭うようになると、頭皮が敏感になってかゆくなることが多いため、頭をかくようになります。そうすると頭皮の角質が剥がれてフケとしてどんどん出てきます。
見た目は不潔ですし、フケが出た部位は頭皮の角質が削り取られて脆くなってしまうので、ますます頭皮湿疹などの病気にかかりやすくなります。

 

かゆみがなくてもフケが大量に出ている場合は、すでに頭皮になんらかの異常が出ている可能性もあるので、不安に思ったら頭皮の状態をチェックしてください。

 

頭皮湿疹になったら

 

頭皮が臭うことが多いという方は、すでに頭皮に何らかのトラブルが起きていることが多く、中でも特に多く見られるのが頭皮湿疹と呼ばれる状態です。

 

頭皮湿疹になると、頭皮の一部が赤くなり、かゆみや痛みが表れるようになったり、フケが大量に出るようになります。
さらに症状が悪化すると炎症を起こした部位が化膿するなど、どんどん頭皮の状態がひどくなってくるので、そうなる前に皮膚科で治療を受けなければなりません。

 

 

人間の頭皮は少しの環境の変化でかゆみを覚えたり、炎症を起こすなどのトラブルが発生します。
問題を防止するには頭の風通りをよくしたり、前もって刺激の少ないシャンプーで余計な皮脂を落とすなど、色々な方法があるので、頭の状態をチェックしつつ、最適な防止法を実践するようにしましょう。